緑内障の治療

緑内障の治療は病気の進行をくい止めるため、眼圧を低くコントロールすることが最も有効とされています。治療法としては薬物療法、レーザー治療や手術が一般的です。閉塞隅角緑内障の発作時に有効な治療法としては、点滴療法が挙げられます。
(現在、視神経の障害による視野の欠損を回復する方法はございません。
定期的な検査、点眼による治療をしっかり行い進行を出来るだけ抑えましょう。)

薬物療法

眼圧を下げるために使われる薬は、主に房水の産出量を減らしたり、房水の流れをよくする薬です。
まず点眼薬からはじめ、最初は1種類の薬で様子を見ながら、途中で薬を変更したり、また2~3種類を併用することもあります。

お薬の分類

交感神経遮断薬

交感神経の受容体に対して、遮断(抑制)的に作用するものをまとめて掲載してあります。房水の産生を抑制することで眼圧を低下させます。薬理学的なことは難しいので割愛させていただきますが、交感神経の受容体にはα1&2とβ1&2があることをご承知下さい。なおこの系統の薬は、その作用する機序により、喘息の誘発・悪化や心臓病の悪化などの副作用が起こることがあるので、その危険がある人には禁忌(薬によっては慎重投与)ということになっています。

薬剤名 用法/容量 説明
ピバレフリン
ピバレフリン
1回1滴
1日1~2回
交感神経を刺激して房水の流出を促進し、眼圧を下げます。点眼回数は2回です。
チモプトール
チモプトール
1回1滴
1日2回
交感神経β受容体を遮断します。
強力な眼圧下降作用を持ちます。
チモプトールXE
チモプトールXE
1回1滴
1日1回
チモプトールの改良薬で、涙に触れると膜を作って長く効くため、1日1回の点眼で大丈夫です。
リズモンTG
リズモンTG
1回1滴
1日1回
体温で温められることによって膜を作ります。
ミロル
ミロル
1回1滴
1日1回、2回まで可
α1とβ受容体を遮断します。効果が持続するので、原則的に1日1回となります。
ハイパジール
ハイパジール
1回1滴
1日2回
αとβ受容体を遮断する。眼底の血流も改善します。
ベトプティック
ベトプティック
1回1滴
1日2回
β1受容体を選択的に遮断する。呼吸器疾患のある人にも使えます。
ミケラン
ミケラン
1回1滴
1日2回
交感神経β受容体を遮断します。
血管に対する副作用が少ないです。
ミケランLA
ミケランLA
1回1滴
1日1回
β受容体遮断作用により房水産生を抑制し、眼圧を下げます。
ベトプティックエス
ベトプティックエス
1回1滴
1日2回
β受容体を遮断し、房水とよばれる目の中の液の産生を減らすことにより、目の中の圧力(眼圧)を下げ、視野の悪化を抑えます。
交換神経刺激薬

交感神経を刺激し、房水の産生抑制と房水の排出促進の作用によって眼圧を低下させます。塩酸ジピベフリンはプロドラッグと呼ばれる薬剤で、眼内でエピネフリンに変わることによって効果を発揮します。

薬剤名 用法/容量 説明
ニプラノール
ニプラノール
1回1滴
1日2回
点眼することによって,眼の交感神経β受容体とα1受容体の遮断作用を現し,緑内障など眼圧の上昇による症状を改善します。
デタントール
デタントール
1回1滴
1日2回
末梢の血管を拡張することで血圧を下げます。
心血管系の交感神経α1-受容体を選択的に抑制することで血圧を下げます。
副交感神経刺激薬

副交感神経を刺激することによって、房水の排出を促進させ眼圧を低下させます。また、瞳を閉じる作用もあります。

薬剤名 用法/容量 説明
サンピロ
サンピロ
1回1~2滴
1日3~5回
瞳が閉じるので暗く感じます。
プロスタグランジン関連薬

炎症に関係する物質ですが、その代謝物が房水の排出促進作用により眼圧を低下させることが明らかとなり、現在2種類の薬が市販されています。これ自体で眼圧を低下させますが、交感神経遮断薬と併用するとさらに効果的です。ただし、この組み合わせにより角膜に傷がつくことがあり、注意が必要です。

薬剤名 用法/容量 説明
レスキュラ
レスキュラ
1回1滴
1日2回
視神経保護作用と眼血流量増加作用により、正常眼圧緑内障をはじめとする緑内障および高眼圧症の患者さんの視野を長期に維持する優れた治療効果が認められています。
キサラタン
キサラタン
1回1滴
1日1回
水流出経路からの流出を促進することにより、眼圧を下げます。
トラバタンズ
トラバタンズ
1回1滴
1日1回
房水とよばれる目の中の液の排泄を促進することにより、目の中の圧力(眼圧)を下げ、視野の悪化を抑えます。
タプロス
タプロス
1回1滴
1日1回
目の中の液(房水)の流出を促進し、眼圧を下げます。
ルミガン
ルミガン
1回1滴
1日1回
プロスタマイド受容体に作用し、ぶどう膜流出路を介して、房水とよばれる目の中の体液の排出を促進して眼圧を下げます。
炭酸脱水酵素阻害薬

毛様体(房水を作るところ)にある炭酸脱水酵素を阻害して、房水産生を抑えて眼圧を下げる薬です。以前は飲み薬しかなく、腎臓・尿道結石などの副作用が問題でしたが、現在はそのような副作用の心配がほとんどない点眼薬も市販されました。

薬剤名 用法/容量 説明
トルソプト
トルソプト
1回1滴
1日3回
他剤で十分な効果が得られない場合のみ併用
エイゾプト
エイゾプト
1回1滴
1日2回
房水とよばれる目の中の液の産生に関係する酵素(炭酸脱水酵素)を阻害し、房水の産生を減らすことにより、目の中の圧力(眼圧)を下げ、視野の悪化を抑えます。
通常、緑内障、高眼圧症の治療に用いられます。
配合剤
薬剤名 用法/容量 説明
トルソプト
トルソプト
1回1滴
1日3回
他剤で十分な効果が得られない場合のみ併用
エイゾプト
エイゾプト
1回1滴
1日2回
房水とよばれる目の中の液の産生に関係する酵素(炭酸脱水酵素)を阻害し、房水の産生を減らすことにより、目の中の圧力(眼圧)を下げ、視野の悪化を抑えます。
通常、緑内障、高眼圧症の治療に用いられます。

点滴療法

  • マンニトール
  • 閉塞隅角緑内障の発作時に有効な治療法として、点滴療法が挙げられます。
    20%マンニトール溶液1回1.0~3.0g/kgを30~45分で点滴静注します。
    眼圧が最低値に達するのは60~90分後で,眼圧下降の持続は4~6時間です。
    マンニトールは腎から排泄されるため、腎障害で排泄が減少していると血漿浸透圧が上昇し循環血漿量が増加することにより急性腎不全を来すことがあります。
    また、急性緑内障では発作時にはすでに嘔吐により脱水に陥っていることがありますが、マンニトールの利尿作用により脱水が悪化する可能性があります。

    グリセオール:300~500mlを45~90分で点滴静注します。点滴開始から30~135分で最低眼圧に達し、効果持続時間は約5時間です。代謝過程でぶどう糖を生じ,また,1L あたり637kcalのエネルギーを有することから,糖尿病患者への投与には注意が必要です。

    急性緑内障の場合や薬物療法で眼圧コントロールが不十分な場合、レーザー治療や手術を行います。

レーザー治療

  • レーザー治療
  • レーザーを虹彩にあてて穴を開けたり、線維柱帯にあてて房水の流出を促進します。
    比較的安全で痛みもなく、入院の必要もありません。

手術

房水の流れを妨げている部分を切開し、流路をつくって房水を流れやすくする方法や、毛様体で房水の産出を抑える方法などがあります。

緑内障専門治療担当医

常勤医師:浪川 博美(日本眼科学会認定 眼科専門医)
所属学会 日本眼科学会会員
経歴 平成15年3月 聖マリアンナ医科大学医学部卒業
平成15年5月 聖マリアンナ医科大学医学部附属大学病院 研修医
平成17年3月 同修了
平成17年4月 総合新川橋病院 出向 (1年間)
平成21年4月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 登録医
平成22年4月 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 出向(3年間)
平成25年3月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 退職
平成25年5月 新宿東口眼科医院 常勤医師就任
現在に至る
主な論文 「若年者の網膜中心静脈閉塞症に対し硝子体手術が奏功した一例」(旧姓:Fujino)
”Axonal protection by brain-derived neurotropic factor associated with CREB phosphorylation in tumor necrosis factor-alpha-inducted optic nerve degeneration.”など
診療日 月曜日11:30~13:45/15:00~18:00
木曜日11:30~13:45/15:00~19:30
非常勤医師:安藤 祐子(日本眼科学会認定 眼科専門医)
安藤先生
経歴 昭和63年 東海大学 医学部卒
平成元年 国立東京第二病院勤務
平成6年 総合新川橋病院眼科勤務
平成21年1月~新宿東口眼科医院 非常勤医師就任
診療日 日曜日 11:00~18:00
院長:新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)
所属学会 日本眼科学会
日本網膜・硝子体学会
日本眼科手術学会
経歴 ●資格
PDT講習会受講終了認定医

●経歴
平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
平成26年10月~新宿東口眼科医院 勤務

眼科診療経験13年
診療日 月曜日11:30~13:45/15:00~19:30
火曜日11:30~13:45/15:00~19:30
水曜日11:30~13:45/15:00~19:30
金曜日11:30~13:45/15:00~19:30

視能訓練士(常勤3名/非常勤1名)、看護師(常勤1名/非常勤3名)