人間ドックで指摘された場合

緑内障とは視神経と視野に特徴的な変化を認める疾患です。
緑内障の初期だと、自覚症状を伴わないことが多いため、自分では気づきにくく健康診断や人間ドックで診断されることが多いです。

視神経乳頭陥凹、視神経繊維層欠損と診断

健診で行う眼底検査(眼底カメラ)は、多くの場合、肉眼的に見て評価を行うので、「視神経乳頭陥凹、視神経繊維層欠損」等の結果が出た場合、眼科受診をしてOCTによる画像解析や視野検査等を受けることが望ましいです。

眼圧が高いと診断

眼圧が高い=緑内障ではないですが、眼圧は緑内障の重要なリストファクターであるので、健診で高眼圧を指摘された場合も、眼科受診をして、精密検査を受けることが望ましいです。

※ある種の緑内障は、近視との関連性が高いとされています。
コンタクト処方の際の眼科受診で、緑内障の可能性を指摘されるケースも増えており、そのような場合も、精密検査を受けることが望ましいです。

《経過観察になった場合》

定期的に眼圧が高くないかのチェックと3ヶ月から半年に1度、精密検査が必要になります。精密検査の内容としては、視力・眼圧・視野検査・OCT(光干渉断層計)を行います。

自覚症状があまりないため、定期的に視野の検査をして進行具合を確認し、場合によってはそこから治療開始になることもあります。

《治療になった場合》

緑内障の治療は病気の進行をくい止めるため、眼圧を低くコントロールすることが最も有効とされています。治療法としては薬物療法、レーザー治療や手術が一般的です。閉塞隅角緑内障の発作時に有効な治療法としては、点滴療法が挙げられます。
検査をして視野が欠けていて、緑内障と診断を受けた場合には治療が必要になります。まずは、眼圧を下げる目薬から始めていきます。

緑内障専門外来担当医

常勤医師:浪川 博美(日本眼科学会認定 眼科専門医)
所属学会 日本眼科学会会員
経歴 平成15年3月 聖マリアンナ医科大学医学部卒業
平成15年5月 聖マリアンナ医科大学医学部附属大学病院 研修医
平成17年3月 同修了
平成17年4月 総合新川橋病院 出向 (1年間)
平成21年4月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 登録医
平成22年4月 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 出向(3年間)
平成25年3月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 退職
平成25年5月 新宿東口眼科医院 常勤医師就任
現在に至る
主な論文 「若年者の網膜中心静脈閉塞症に対し硝子体手術が奏功した一例」(旧姓:Fujino)
”Axonal protection by brain-derived neurotropic factor associated with CREB phosphorylation in tumor necrosis factor-alpha-inducted optic nerve degeneration.”など
非常勤医師:安藤 祐子(日本眼科学会認定 眼科専門医)
安藤先生
経歴 昭和63年 東海大学 医学部卒
平成元年 国立東京第二病院勤務
平成6年 総合新川橋病院眼科勤務
平成21年1月~新宿東口眼科医院 非常勤医師就任
院長:新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)
所属学会 日本眼科学会
日本網膜・硝子体学会
日本眼科手術学会
経歴 ●資格
PDT講習会受講終了認定医

●経歴
平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
平成26年10月~新宿東口眼科医院 勤務

視能訓練士(常勤3名/非常勤2名)、看護師(常勤1名/非常勤3名)