緑内障の検査

◆TOP > 緑内障の検査

緑内障の検査

主に以下の検査を行います。

屈折検査

近視、遠視、乱視の度数、屈折状態を他覚的に測り、角膜の形状(曲率半径)を測定します。

屈折検査

眼圧検査

眼球内の圧力(眼圧)を測定する検査です。

眼圧検査

細隙灯顕微鏡検査

角膜や結膜、水晶体、虹彩、硝子体の前部などの状態を観察する検査です。自覚症状を感じやすい、痒み痛みなどは、この検査で発見されることが多いです。

細隙灯顕微鏡検査

眼底検査(散瞳検査)

目薬(散瞳薬)でひとみを大きくして観察する検査です。

眼底検査

視野検査

視野(見えている範囲)に欠損している所や感度の低下しているところが無いか調べる検査です。

視野検査

OCT(光干渉断層計)

視神経と網膜神経線維層の断層画像を撮影することができる機械です。視野が欠ける自覚症状が現われる前に緑内障による網膜視神経線維層の欠損を捉えることができます。

OCT(光干渉断層計)

隅角検査

隅角の状態を見て、急性(閉塞隅角)緑内障を起こしやすい隅角かどうか等を把握することができる検査です。

隅角検査