隅角検査

◆TOP > 緑内障の検査 > 隅角検査

隅角検査とは

急性(閉塞隅角)緑内障を起こしやすい狭隅角かどうか、また、その程度を把握することができます。
隅角の状態を見ることで、緑内障のレーザー治療が必要な人かどうかもわかります。
さらに、虹彩・毛様体・脈絡幕に炎症ができるブドウ膜炎の診断の際にも有用ですし、散瞳検査が安全に出来るかの確認にも使われます。

隅角検査
隅角検査

検査の仕方

隅角部分は通常、屈折の関係で直接観察できないので、角膜に隅角鏡と呼ばれる検査用のレンズを接触させて観察します。
このとき点眼麻酔・角膜保護剤を使用するので圧迫感はありますが痛みはあまりありません。

隅角検査は年1回のペースで行われますが、緑内障の種類によっては半年ごとや、それ以上のペースで行われることもあります。