屈折検査

◆TOP > 緑内障の検査 > 屈折検査

屈折検査とは

屈折検査/トノレフ3

近視、遠視、乱視の度数、屈折状態を他覚的に測り、角膜の形状(曲率半径)を測定する検査です。

※上記画像はTONOREF III(オートレフケラト/トノ/パキメータ)という屈折検査の機器です。
オートレフ(屈折度測定・角膜曲率半径測定)のほかに、眼圧測定も可能です。
角膜厚測定機能と眼圧測定機能を連動させ、角膜厚に応じた眼圧値を修正し、より正確な眼圧測定も可能な1台です。