細隙灯顕微鏡検査

◆TOP > 緑内障の検査 > 細隙灯顕微鏡検査

細隙灯顕微鏡検査とは

角膜や結膜、水晶体、虹彩、硝子体の前部などの状態を観察する検査です。自覚症状を感じやすい、痒み痛みなどは、この検査で発見されることが多いです。

細隙灯顕微鏡(スリットランプマイクロスコープ)
スリットランプマイクロスコープ