閉塞隅角緑内障とは

  • 正常な眼では角膜と水晶体の間にある房水(ぼうすい)が絶えず生成、排出され、そのバランスを保っています。閉塞隅角緑内障は房水の出口にあたる隅角が虹彩によってふさがれることにより排出が困難になり、房水がたまり眼圧が高くなります。
  • 閉塞隅角緑内障

原因・予防

隅角が虹彩によってふさがれてしまう原因としては、解剖学的因子と加齢変化、散瞳誘因(瞳孔が広がるような条件)があります。解剖学的因子としては前房が浅い、眼軸長が短い、角膜直径が小さい、水晶体が厚い、水晶体が前のほうに移動している、などがあります。 水晶体の変化は加齢変化に伴うものとしても重要で、そのほかの加齢に伴う変化としては縮瞳があります。散瞳は急性発作の誘発原因として重要です。眼科検査薬である散瞳薬や興奮、暗い所などによって起こります。また、読書やうつ向き作業では水晶体が眼球の前方へ移動することから、急性発作の誘発原因とされています。閉塞隅角緑内障には房水の排出口が軽く閉じたり開いたりを繰り返し、症状が治まったり悪化したりしているうちに排出口が慢性的に閉じてしまい、じわじわ眼圧が上がる慢性型と、房水の排出口が急にふさがる急性型があります。

主な自覚症状

閉塞隅角緑内障には急性のものと慢性のものがあります。
急性閉塞隅角緑内障は、発作が起こると、突然眼圧が高くなり、激しい眼の痛みや充血、眼のかすみ、頭痛、吐き気、嘔吐などの症状が起こります。頭痛、吐き気などから内科を受診する人もいます。放置しているとひどい場合は失明してしまいます。50歳以上の遠視の女性に高頻度でみられます。検査では急激な眼圧上昇(通常は60~80mmHg)と隅角検査で閉塞隅角、充血や瞳孔の散大を認めます。

慢性閉塞隅角緑内障は急性型と病気の仕組は同じですが、自覚症状のないままに徐々に房水の排出口の閉塞が広範囲に進むことが多く、中期~末期になってから発見されることが多くなります。検査所見としては、中等度の眼圧上昇と、隅角検査で広範囲の隅角閉塞を認めます。急性と慢性の中間型として、軽度の発作を伴う亜急性というタイプもあります。

検査方法

眼圧検査
眼圧(目の堅さ)を測定します。機器は非接触式(ノンコンタクトトノメーター)と、接触式(アプラネーショントノメーター)があり、通常は非接触式の、目に空気を当てる方法で測定します。
眼底検査
散瞳検査とは、目薬(散瞳薬)でひとみを大きくして観察する検査です。
視野検査
一点を注視したときに、上下左右前方、どの位の範囲を見えているか視野計を用いて測定します。
OCT(光干渉断層計)
網膜の断層画像を撮影する機械です。
視神経と網膜神経線維層の断層画像を撮影することができるので、視野が欠ける(自覚)症状が現われる前に緑内障による網膜視神経線維層の欠損を捉えることができます。

主な治療方法

急性閉塞隅角緑内障の治療は、治療の第一選択は点滴や内服、点眼による薬物治療とレーザー治療です。薬物でできるだけ眼圧を下げたあと、排出口を閉じている虹彩にレーザーで孔(あな)をあけ、通りをよくします。この治療をレーザー虹彩切開術といいます。これは外来で行うことが可能で、入院の必要はありません。発作が片眼の場合、予防的に反対の眼にもレーザー治療をします。 レーザー治療で眼圧が下がらない場合や、レーザー治療が不可能なほど急性発作の程度が強い場合は、眼圧を下げる薬物治療や手術が必要になります。

慢性閉塞隅角緑内障の治療は、治療は急性型と同様に、レーザー虹彩切開術が第一選択で、それによっても眼圧が下がらない場合は薬物治療や手術が必要です。慢性型は中期~末期の進行した時点で初めて発見されることも多いことから、手術治療が必要になることが多いという特徴があります。

薬物療法
一般的な点眼薬はプロスタグランジン関連薬やβ遮断薬(特にチモロール)です。

プロスタグランジン関連薬
製品名 点眼回数 効 用
レスキュラ点眼液
レスキュラ点眼液
1日2回 視神経保護作用と眼血流量増加作用により、正常眼圧緑内障をはじめとする緑内障および高眼圧症の患者さんの視野を長期に維持する優れた治療効果が認められています。
キサラタン点眼液
キサラタン点眼液
1日1回 眼圧下降作用、房水流出促進作用があります。
β遮断薬
製品名 点眼回数 効 用
ミケラン点眼液2%
ミケラン点眼液2%
1日2回 β受容体遮断作用により房水産生を抑制し、眼圧を下げます。
ミケランLA点眼液2%
ミケランLA点眼液2%
1日1回 β受容体遮断作用により房水産生を抑制し、眼圧を下げます。
チモプトール点眼液0.5%
チモプトール点眼液0.5%
1日2回 β受容体遮断作用によって房水の産生を減らすことにより、眼圧を下げ、緑内障による視野の悪化を抑えます。
チモプトールXE点眼液0.5%
チモプトールXE点眼液0.5%
1日1回 イオンにより、点眼後ゲル化、持続性があります。

緑内障専門外来担当医

常勤医師:浪川 博美(日本眼科学会認定 眼科専門医)
所属学会 日本眼科学会会員
経歴 平成15年3月 聖マリアンナ医科大学医学部卒業
平成15年5月 聖マリアンナ医科大学医学部附属大学病院 研修医
平成17年3月 同修了
平成17年4月 総合新川橋病院 出向 (1年間)
平成21年4月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 登録医
平成22年4月 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 出向(3年間)
平成25年3月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 退職
平成25年5月 新宿東口眼科医院 常勤医師就任
現在に至る
主な論文 「若年者の網膜中心静脈閉塞症に対し硝子体手術が奏功した一例」(旧姓:Fujino)
”Axonal protection by brain-derived neurotropic factor associated with CREB phosphorylation in tumor necrosis factor-alpha-inducted optic nerve degeneration.”など
非常勤医師:安藤 祐子(日本眼科学会認定 眼科専門医)
安藤先生
経歴 昭和63年 東海大学 医学部卒
平成元年 国立東京第二病院勤務
平成6年 総合新川橋病院眼科勤務
平成21年1月~新宿東口眼科医院 非常勤医師就任
院長:新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)
所属学会 日本眼科学会
日本網膜・硝子体学会
日本眼科手術学会
経歴 ●資格
PDT講習会受講終了認定医

●経歴
平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
平成26年10月~新宿東口眼科医院 勤務

視能訓練士(常勤3名/非常勤2名)、看護師(常勤1名/非常勤3名)